特集記事

2015.12.09

飲食店の厨房でのエアコン事情


飲食店の厨房ではどんなタイプのエアコンが使われる?

エアコンは、空調機器として幅広い場所で用いられています。生活を送るための家庭だけでなく、仕事の現場でも冷房や暖房の空調機器が活躍しています。それは厨房でも同様であり、調理場での作業を温度管理の空調機器がサポートしています。飲食店の店舗スペースを有効活用するため、厨房はその空間の広さが限られていることが多いです。空調機器が調理作業の邪魔にならないよう、埋め込み型のエアコンが多く使われています。またあるいは、飲食店の厨房では、天吊型の機器のタイプも多いです。調理のための作業場は主に従業員が使う場所であるため、内装デザインの見栄えについてはあまり気にする必要がありません。そのため、エアコン機器を天井から吊り下げる形で設置し、調理場内での空調に用いられる事がよくあります。

飲食店の厨房でのエアコン選びではどんなことを気をつける?

飲食店の厨房に設置するエアコンを選ぶ際には、作業スペース内の事情に合わせた製品を選ぶことに気をつけるべきです。飲食店の厨房で特徴的であるのが、調理の過程で油煙などが大量に発生するという点です。細かい油の粒子を含んだ煙は、空調機器の内部へと吸い込まれていくことになります。油煙対策が、飲食店の調理場で用いる空調機器で重要な課題です。このことから、エアコン選びでは、ステンレス製の製品を選ぶことが便利です。ステンレスは、錆や汚れに強いという特徴があります。油汚れを簡単に落とすことができ、水や洗浄剤で汚れを落としても機器が錆び付いてしまうことがありません。また、作業場所の清潔さを保つために、頻繁にクリーニングを行う事ができるように、簡単に洗浄ができるような構造を持った製品を選ぶことが大切になります。

飲食店の厨房でのエアコンのクリーニングで気をつけるポイントは?

飲食店の厨房に設置されたエアコンをクリーニングする際には、気をつけるべき点があります。それは、洗浄作業を行う際に、汚れが周囲に飛び散らないように、保護対策を行っておくべきであるということです。洗浄作業では、エアコンを綺麗にする事ができます。しかし一方で、エアコンの周囲に汚れが広がる可能性があります。衛生管理が第一に優先される飲食店の調理場所であるだけに、洗浄前の養生作業は特に気をつける必要があります。さらに、洗浄の作業を行った後には、きちんと空調機器が動作するかどうかについて、風速のチェックを行っておくことが重要です。もし洗浄作業の際に何らかの不具合があると、空調のための風速が不足する可能性があります。厨房での排煙の効果が低下し、厨房内に煙が蔓延し汚れやすくなるなどの問題を避けるため、風速の確認が役立ちます。

2015.11.06

工場でのエアコン事情


工場ではどんなタイプのエアコンが使われる?

工場の施設内は、非常に広い空間を持っていることが特徴的です。この広大な空間を空調するには、一般的に手に入る空調機器では手に余ります。広い空間の冷房や暖房を行うのであれば、それに見合った空調能力を持つ機器を選択する必要があります。工場では、基本として設備用エアコンを選ぶことが通常です。設備用の空調機器は床に設置する床置き型のタイプが多く、シンプルな箱型をしています。また、室内ユニットと室外ユニットが一体型になったタイプのエアコンが多い傾向にあり、さらに近年では分離されているセパレートタイプのエアコンの導入が増えています。セパレートタイプでは、従来の一体型に比較して常に新鮮な空気をとり入れる事ができるため、工場内をクリーンな状態に保ちたい場合に利用する価値があります。

工場でのエアコン選びではどんなことを気をつける?

工場で用いるエアコンを選ぶ際には、使用環境に合わせてタイプを選ぶ必要がある点に気をつけるべきです。空調の対象が設備内で働く従業員に向けてのものである場合には、対人空調タイプのものを選ぶ必要があります。また、生産ラインでは、油や煙といった空気中の不純物を多く含む場所も多いです。そのような場所で空調機器を設置するケースでは、耐食性に優れた機器の選択が重要です。一方、工場内では、加工作業の際に粉塵が多く空気中に飛び散る作業現場あり、そのような場所では、粉塵に対しての対策が取られている機器を選ぶことがベストです。頻繁に洗浄を行う必要があるため、汚れにくく洗浄しやすい構造を持ったエアコンを選ぶべきです。さらに、空気の清浄さが必要なクリーンルーム向けのエアコンも、状況に合わせた選択が必要です。

工場でのエアコンのクリーニングで気をつけるポイントは?

エアコンは、定期的にクリーニングを行わなければなりません。工場における空調機器の洗浄で気をつけるべきポイントとしては、できるだけ故障のリスクを侵さないという点です。エアコンは電子機器である事から、少なからず故障の可能性を持っています。通常の利用時には、突然故障するという可能性は低いです。しかし故障のリスクとなるのが、エアコンのクリーニング時です。操業に必要な空調機器が、故障により停止してしまったとしたら、工場の操業にとって大きな問題になりかねません。大掛かりな修理が必要となると、生産ラインを止めなければならない期間が長くなります。こうしたリスクを避けるため、工場での空調機器のクリーニングでは、できるだけ洗浄が必要な部分にのみ絞り込んで、作業を行う事が大切です。

2015.10.06

オフィスビルでのエアコン事情


オフィスビルではどんなタイプのエアコンが使われる? 

人が活動する場所では、空調を行う必要があります。新鮮な空気の状態を保つだけでなく、温度管理も重要なポイントです。外気温に左右されず、室内を一定の温度に保つことが、快適な滞在空間を演出するうえで求められます。多くのビジネスマンが集まるオフィスビルもまた、空調のためにエアコンが欠かせません。オフィスビルにおける空調機器のタイプとしては、壁掛けタイプの他に、埋め込みタイプの物も多い傾向にあります。オフィス内のスペースを最大限に利用するには、大型の空調機器を室内に設置するには問題があります。天井などに空調機器を埋め込むことで、オフィススペースの有効活用ができます。またオフィスビルの空調機器では、室外機一つにつき、室内機が複数のマルチエアコンが使われることもよくあります。


オフィスビルでのエアコン選びではどんなことを気をつける?

オフィスビルにエアコンを設置する場合には、気をつけるべきポイントがあります。エアコンは電子機器であることから、電力を供給する必要があります。しかし、オフィスビル向けの空調機器の場合には、その電源として200Vの電圧を用意する必要があります。場所によっては100Vの電源しか用意できないケースがあるため、電力供給のための準備ができているかどうかに気をつけることが肝心です。また設置工事を行うのに適したサイズの機器を選ぶことが必要です。オフィスビル向けの機器は、環境に合わせて多様な製品があります。中にはパワフルで大きなサイズの機器があり、設置方法や場所が限られています。どのような空調機器がビル内に必要であり、さらに設置のための工事に関して十分な事前の検討を行う必要が出てきます。

オフィスビルでのエアコンのクリーニングで気をつけるポイントは?

オフィスビル内に設置しているエアコンは、クリーニングを必ず必要とします。清潔で快適なビル内の空間を整えるためにも、きちんとしたメンテナンスが欠かせません。ただし、オフィスビルでのエアコンのクリーニングで気をつけるべき点としては、業者に洗浄を依頼する場合には、費用について見積りを取って十分な検討を行うのがポイントです。ビル内の空調機器が広範に及ぶと、その洗浄作業に多くの手間隙がかかり、それだけコストが必要です。また、エアコン機器の洗浄は、機器内部の細かい部分まで完全に洗浄しようとすると、それだけ費用がかかりがちです。洗浄作業にリスクがあり、分解や組み立てに手間のかかる作業が必要であるため、それだけコストがかさみます。空調機器の洗浄を業者に依頼する際に、トータルの費用を見積もった上で費用対効果を考えての節約が重要です。

2015.09.09

飲食店の店内でのエアコン事情


飲食店の店内ではどんなタイプのエアコンが使われる?

空調のための機器としては、エアコンを使うことが一般的になっています。一般家庭では、どのお宅でもこうした便利な空調機器が使われています。商業施設も同様であり、暑い夏や寒い冬を乗り切るために、便利な空調機器が欠かせません。しかし一般家庭と違い、飲食店といった商業施設では、もっと高い空調能力を持ったエアコンが用いられます。室内全体の温度管理を行うには、部屋の広さに見合った能力を持った機器を選ぶ必要があります。一般家庭であれば、数畳から十数畳程度の空調能力を持った機器のラインナップが多いです。一方、広いフロアを持つ飲食店では、一般家庭向けの機器では到底、空調のための能力が足りず本来の役割を果たすことができません。そのため、強力な空調性能を持った機器を用いることが一般的です。

飲食店の店内でのエアコン選びではどんなことを気をつける?

広い空間を持つ飲食店内で、空調のためにエアコンを設置するのであれば、その機器の選び方について把握しておくことが重要です。まずは、機器を設置する時期に気をつける必要があります。業務用のエアコンでは、壁掛けタイプの機器以外は建物の新築や改築時に合わせて、施工することが一般的です。大掛かりな配管の工事が必要である事から、簡単に施工設置するというわけにはいきません。飲食店を新築したり、あるいは改築の予定に合わせて、空調機器の設置も検討を行うことが大切です。また、業務用のエアコンの空調能力は、馬力の単位で表現されることに気をつけることが役立ちます。一般家庭向けの機器では、キロワットの単位が用いられる事が一般的です。しかし業務用機器では、馬力を単位として使用することが習慣としてあります。

飲食店の店内でのエアコンのクリーニングで気をつけるポイントは?

エアコンは、空気を吸排気する機能を持つ事から、空気中のホコリやゴミを吸い込んでどうしても汚れてしまいがちです。このことから、定期的にクリーニングを行う事が必要です。特に飲食店でのエアコンクリーニングでは、調理のために油を使用することが多いという点について、気をつける必要があるでしょう。油汚れはクリーニングの中でも厄介な汚れであり、その洗浄には通常の方法では対処できないことが多いです。そのため、頑固な油汚れでもしっかりと落とすことができるような、強力に汚れを落とすクリーナーが必要です。飲食店の場合には、エアコンの臭いもきちんと取り除いておかなければなりません。さらに衛生面のことを考えるのであれば、カビの繁殖を抑える対策が必要です。臭いやカビの発生を抑えるため、洗浄の作業を行う際には、抗菌処理も合わせて行うという方法があります。

2015.08.18

業務用エアコンをクリーニングするメリットとは?


経費削減ができる!


エアコン機器はクリーニングが必要不可欠であるといわれています。しかし、洗浄の作業は面倒でもあり、つい怠りがちではあります。なぜエアコン機器を洗浄する必要があるのかについて知れば、メンテナンスを行う必然性が理解できます。業務用エアコンにおいてもクリーニングは必要な作業です。特に魅力的なメリットの一つとして、経費削減ができるというポイントがあります。事業を進めていくにあたっては、経費をできるだけ節約することは重要な課題です。経費を出来るだけ少なくする事で、得られる利益を増やす効果があります。施設内での空調にかかる光熱費は大きな負担であり、削減するための対象として有望です。業務用エアコンのクリーニングにより冷房効率が上がれば、それだけ消費電力が下がり経費削減に効果があります。

冷房の効きが良くなる!


エアコンを利用する大きな目的であるのが、暑い夏を乗り越えるためです。近年では室内での熱射病がクローズアップされ、温度管理の重要性はますます高まっています。特に顧客が出入りする商業施設では、室温の管理は重要な課題です。夏の間に、冷房により施設内の快適な室温を保つためには、業務用エアコンの空調効率が重要です。強力な空調機能を持つ業務用エアコンの能力を活かすために、クリーニングを行うことにより、空調能力をいつでも発揮させることができるというメリットがあります。。クリーニングにより、フィルターや内部機構を綺麗に洗浄することで、吸気や排気の負荷が少なくなります。その結果、本来の空調能力が発揮され、少ないエネルギーで冷房できるメリットがあります。業務用エアコンの冷房の機器に不足を感じるのであれば、早期にクリーニングが必要です。

エアコンの匂いが気にならなくなる!


高温多湿の傾向にある日本の気候では、カビ対策が重要です。特にカビが生えやすい場所として危惧されているのが、エアコン内部です。温度差が大きな場所には空気中の水分が結露し、カビが生えやすくなります。エアコンの匂いの原因の一つは、カビの発生によるものであり、カビの発生を防ぐためクリーニングにメリットがあります。業務用エアコンであればなおさら、業務に支障のないようにこまめに洗浄を行うことが重要です。一度ついてしまった匂いを落とすことは難しいため、問題が大きくなる前に業務用エアコンのクリーニングで対策を行っておくことが重要です。匂いを気にする顧客も多い事から、自身では気がつかなくともこまめに業務用エアコンをクリーニングすることにより、問題解決がより簡単になります。

2015.07.31

業務用エアコンもクリーニングが必要な3つの理由


衛生面 


エアコンは、現代の空調機器として不可欠な存在になっています。暑い夏や寒い冬をしのぐためには、もはやこの空調機器なくして乗り越えていくことが難しいです。一般家庭のみならず、商業や工業の分野でも、エアコンの重要性は高く、多くの施設で業務用エアコンが用いられています。しかし、エアコンにはきちんとしたメンテナンスが必要である事について、配慮が必要です。クリーニングのメンテナンスが必要な理由の一つとしては、衛生面のポイントがあります。エアコン内部には、吸気により空気中のゴミが集まってきます。また、機器内部は結露しやすいため、カビが発生しがちです。クリーニングを適切に行ってこそ、業務用エアコンが原因となる衛生面の問題が解決できます。業務用機器の衛生的な面のリスク対策としてクリーニングは欠かせません。

光熱費面


業務施設の運営には、少なからずコストがかかります。その中で光熱費も無視することができない負担の一つです。特にエアコンは空調のために多くの電力を消費します。しかし、エアコンのクリーニングを怠った場合には、空調能力の低下と共に消費電力が上がります。業務用エアコンにクリーニングが必要な理由の中には、光熱費節約に確かな効果が得られるという点に注目できます。業務用エアコンの利用で費やす電気代の増大を防ぐには、クリーニングでエアコンの空調能力を維持する必要があります。業務用エアコンの洗浄作業に費用がかかるからと怠っている場合には、かえって費用がかかっていることを認識する必要があります。エアコンのメンテナンスには手間やコストはかかるものの、光熱費の圧縮というメリットは見逃せません。

耐久性面


空調機器が冷房や暖房といった機能を発揮することができるのは、コンプレッサーなどの動力機器を内部に持っているためです。動力部品は、使い続けると共に磨耗し、やがては故障する可能性が高まります。また、スムーズに稼動する通常運転と常に負荷をかけているような状態では、耐久性の面で大きな差が生じます。業務用エアコンにクリーニングが欠かせない理由として、負荷を少なくすることにより耐久性を維持する必要があるという点があります。業務用エアコンのフィルターを常に綺麗な状態にクリーニングしていれば、吸気や排気の負荷が少なくなり、機器の部品の耐久性が高まります。また、ホコリやカビの繁殖も故障の原因となるため、業務用エアコンの内部をクリーンに保っていることは、長持ちさせるための重要な秘訣です。 

2015.06.06

業務用エアコンと家庭用エアコンって何が違うの?


耐久性が違う



業務用エアコンは広いオフィスで長時間使用する事を想定して設計されているので家庭用エアコンよりも耐久性を重視した設計になっています。オフィスや店舗など人の出入りが激しい広い空間を長時間ムラなく調節するには耐久性の優れた業務用エアコンを活用した方がベストです。キチンと環境に合わせたエアコンを使用しないと無駄な動作で機器の負担が増えて故障が多いとか、光熱費に違いが現れます。モーターや基盤など箱的な部分では同じですが室外機の能力が断然違っていますので、広さだけで選ぶ家庭用エアコンと違い業務用エアコンでは能力で選ぶ事が重要になってきます。家庭用では耐用年数は6年程度ですが、業務用では13から15年と耐用年数も非常に長く故障も少ないので初期費用と照らし合わせてどちらを導入するのか考えます。


馬力が違う



業務用エアコンでは1.5〜10馬力になりますが、3馬力までのタイプであれば家庭用エアコンと相違は殆どありません。ですが同じ位の力といっても一つの室外機に繋げられる業務用は家庭用よりも銅管が肉厚に設定されている違いがあります。エアコンは複数で動いている認識はないので、ムラなく空間を冷暖房するには広くても家庭用を複数設置するよりも、業務用エアコンを1台環境に合ったタイプを設置した方が同じ位の能力でもコスト面やブレーカーへの負担が少なくて済みます。店舗でも扱っている商品や冷蔵庫など、置いている機器によって冷暖房効率が違ってきますので、負荷数値を正確に出せる業務用が便利になってきます。飲食店や美容室など特殊な環境では、狭くても家庭用は向いていませんので必ず業務用を使用する必要があります。


かかる光熱費が違う



業務用エアコンは長時間使用するので省エネ性能が高く、出力性能に対して消費電力が少なくて済むので家庭用エアコンよりも光熱費が安く済みます。エアコンは設定温度と実際の室温が近いほど光熱費が安くなりますので、温度のムラが出るよりも均一に管理できる環境に合わせたタイプを選択します。業務用は風量も大きいので温度管理調節がしやすく、同じ広さでも家庭のリビングなどと違い、人の出入りが多い、また熱源の有無など考慮する点があります。業務用の3相200Vの電源は家庭用に引き込まれていませんので、業務用が環境に合って設置する場合には単相200Vの業務用を選ぶか電源を変更する必要があります。契約電力量でも変更する必要があるので単純に業務用を家庭で導入するとは言えませんが、吹き抜けがある場合や広い部屋があるなど環境を鑑みて導入すると良いです。
prev 1 2