メンテナンス/アフターサービス/設置工事

日々のエアコンのメンテナンス

今や日常生活に欠かせないアイテムとなったエアコンは、定期的なクリーニング・メンテナンスが必要です。 こちらではエアコンクリーニング・メンテナンスの必要性についてご紹介します。

耐用年数

エアコンはセンサーで室内の温度を察知し、自動で温度や運転時間の調整を行います。
省エネ運転が可能なエアコンですが、フィルターやエアコン内部が汚れていると吹き出し口の風量が落ち、設定温度になるまでに時間がかかり、過剰に運転する事になりかねません。またフィルター自動清掃付きは、基本的にブラシでフィルターのホコリを取り除いております。

そのためリビングや油汚れが発生しやすい環境ですと、フィルターに油が付着しホコリや汚れを取り除く事が出来なくなり過剰な運転で、耐久年数にも影響を与える事になります。
エアコンを長持ちさせるためには、コンプレッサーという部分の負担を減らしたり、定期的なメンテナンスが重要となります。

室内環境を清潔に

室内環境を清潔に カビ・ダニなどのハウスダストは高温多湿を好み、ホコリやゴミなどをエサに繁殖します。
フィルターに溜まったホコリやゴミ、さらに内部にこもった湿気はハウスダストにとって最適な環境です。
ハウスダストは室内環境を汚すだけでなく、アレルギーなど人体に悪影響を及ぼす可能性があります。

また最近では自動清掃機能がついた機種もありますが、あくまでフィルターを自動清掃してくれるだけで一般のエアコンと変わりません。
室内の清潔さをキープするためにも定期的にエアコンクリーニングを行う事が重要です。

運転経費の削減

エアコンは室内の空気を循環させており、空気を取り込む際、空気中に漂うホコリやゴミなども一緒に取り込まれます。
このホコリなどをろ過する役割を担うのがフィルターです。
エアコンを使用している事で、フィルターには徐々に汚れが溜まっていきます。
目詰まりしたフィルターは空気の流れを妨げ、電気料を余分に消費してしまいます。
その結果、運転経費(ランニングコスト)が高くなってしまうのです。
またフィルターや熱交換器の根詰まりは運転電圧が上がり最悪エアコンの頭脳であるコンピューターまでも破損させてしまう恐れがあります。
定期的なクリーニング・メンテナンスを行い、フィルターを清潔に保つ事で、エアコンの運転経費を抑える事に繋がります。

室外機の負担を減らす

エアコンは、室内機と室外機の2つが揃って1台のエアコンとなりますが、室外機の負担を減らすことでエアコンを長く使うことができます。
室外機は、部屋の中の熱を外に出す際に多くの電力を使いますが、直射日光や照り返しは効率を低下させ、余分な電力を消費する原因になります。
また、吹き出し口の前に物を置くと熱が逃げられません。
室外機の負担を減らすためには、室外機の前はスペースを空け、すだれなどで日陰を作ることが大切です。

定期的にエアコン洗浄をする

エアコンを長持ちさせるためには、定期的に洗浄を行うことも必要です。
1年に1度は、プロの業者にエアコン洗浄を行ってもらい、細かい所まで洗浄してもらうことをおすすめします。
また、ご家庭でも出来る範囲でこまめに掃除するようにしましょう。
エアコンのフィルターは、空気を循環させる際に部屋中のホコリを一緒に吸い込みます。
ホコリが溜まることで空気の循環が悪くなり、故障の原因にもなるのです。掃除機でほこりをとり、歯ブラシなどで水洗いしきれいな状態を保ちましょう。

当社のアフターサービス

当社洗浄作業後のアフターサービスを行っております。
お客様にご安心、ご満足頂けます様、洗浄後のアフターサポート・サービスにも力を入れております。
洗浄後の不具合等は早急に御対応させて頂きます。動作異常等ございましたら、ご連絡いただけましたら迅速に対応いたします。
作業内容に合わせて各種保証期間をご用意しております。
※機種、年式によってはアフターサービスを受けられないケースもございます。

新設・増設設置工事、修理

新設・増設設置工事、修理 新築時のエアコン新設、または改築時の増設の設置工事、撤去、また修理も承っております。
機器と工事でのセットご料金はお問い合わせください。各種ご相談承ります。
エアコン設置工事はエアコン本体の大きさや配管長、壁に貫通穴を開けるかで前後しますので現場調査の上、お見積りが必要になります。
概算として、
エアコン本体+配管長+施工工事方法=合計金額
となります。(撤去費用別途お見積り)

また、各種修理のご用命も承っております。エアコンのプロにお任せ下さい。
現場調査の上、お見積りが必要になります。
概算として、
点検料金+点検後の部品代+部品交換工賃=合計金額
となります。